支払いが出来ないと、必ず来る督促状…

 

督促状は無視してても大丈夫?
督促状が来ても支払えるお金がない…

 

そんな不安や悩みを抱えている人も少なくありません。
督促状は対処法を知らず放置してしまうと、あなたを苦しめ後悔してしまいます。

 

今回はあなたが後悔をしない為に、届いた督促状の対処法を詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

《督促状とは》

本来、支払われるべき支払いがされていない場合や口座から引き落とし出来なかった場合に一番最初に自宅に送られてくる書類になります。

 

封筒に「重要」と大きく書かれているので、驚くと思いますがさほど神経質になることもありません。
手紙と同時に電話もかかってきているはずですが、今は知らない番号から出ない人も多くなっていますので平行して手紙も送付されることがほとんどです。

 

 

手紙には、支払い期限が記載されていますのでその日までに、振り込みをすれば何の問題もありません。

 

 

 

《督促状を無視すると》

数回の催促状に応じず、支払いがされない場合「催告書」というものが送られてきます。

 

催告書の特徴は【内容証明郵便】で送られてくるという点です。

 

内容証明郵便とは「誰宛に、いつ、どのような内容で送ったか」ということを郵便局が公的に証明してくれるものになります。

 

 

 

《内容証明郵便の特徴》

 

公的証明の効力

 

このまま支払いがされないと債権者が判断した場合「法的処置」いわゆる裁判の手続きをとる場合があります。
その際、いつ・あなたに・どのような内容で送付したかという事を証明するものになります。

 

 

時効を阻止する効力

 

借金請求には時効があります。
債務者が支払いに応じない場合、放置して月日が経つのを待っていては時効が成立してしまい、借金を請求できなくなってしまいます。

 

このようなことがあっては、お金を借りた人が全員放置をして全く回収できなくなってしまいます。
そのようなことが無い様「内容証明郵便」を送る事で、時効までの日数がまたゼロからのカウントになり、時効が成立しないようにする効力もあります。

 

 

見てお分かりの様に、支払いを無視するというのはデメリットはあってもメリットは何一つありません。
では、取るべき対処法はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

期限内に入金する
ただ、振り込む事を忘れていた場合は期限内に振り込みをしましょう。
入金さえしてしまえば、何も恐れる事はありません。

 

 

すぐに支払えない場合すぐに連絡を入れる
「●●日に給料が入るので●●日に入金します」
「急な出費があって支払いの額を変更したい」
など、今の状況を早めに相談をしてみましょう。

 

あなたから電話をすることで【支払いの意思がある】と見なされ、支払いについて丁寧に相談に乗ってくれます。

 

 

一番やってはいけない行為

一番、やってはいけない行為は「無視をすること」

 

支払いをしなければいけないのに支払いをせず、連絡も無視をする…その行為は「あなたに支払う意思がない」と見なされ制裁も厳しくなります。

 

究極まで苦しくなった時「苦しくて支払いをもう少し待って頂きたい」という連絡をしても「何をいまさら?」というように、無視をすることはあなたの印象をとことん悪くするのです。

 

ですから…
催促状が届いた時点で早めに連絡を入れましょう!!
放置をし続けると最悪の場合裁判をおこされ「給与の差し押さえ」「財産差し押さえ」になってからでは遅いのです!

 

 

 

借金返済が家計を圧迫し始めたら

借金の支払いが困難な状態がここ2か月位でしたら、生計を圧迫している状態ではありませんが

この先どうやって返していけばいいのか分からない
借金を一度見直してみたい

 

という、事情の方は法的にあなたを守る「債務整理」というものを検討してみるといいと思います。

 

 

債務整理でも「任意整理」という、一番手続きが簡単で家族や会社にバレずに進める事ができる方法がオススメです。
借金に悩んで支払いが困難になり財産を手放す前に一度無料相談をしてみるのも一つの方法です。

 

任意整理について詳しく知りたい→《続きをよむ》