賃貸契約をする際必ず行われるものに「入居審査」があります。

 

そこで心配になるのが、過去にクレジットカードなどの返済が遅れ滞納し結果...債務整理を行ったなどで「ブラックリスト」に載ってしまった場合です。

 

 

過去の借金などでブラックリストに載ってしまった場合、賃貸契約などの入居審査に影響するのではないかと心配している方も多いのではないでしょうか。

 

では・・・実際はどうなのでしょう。

 

 

入居審査って何を調べてるの?

賃貸を借りるとき行われる入居審査ですが「大家さん」「保証会社」の2つが行っています。

 

クレジットカードなどの借金が滞納したなどの事故情報は「信用情報機関」が管理しています。
この信用情報機関に問い合わせをするわけではありません。

 

 

ですので、ブラックリストに載っていたとしてもさほどこの点では関係がないと言えます。

 

賃貸の入居審査の場合主なものとして『あなたの職業』『年収』『家族構成』『保証人の有無』などがチェック内容です。

 

 

注意するのは保証会社を利用する場合

賃貸契約を行う場合、必ず保証人を立てます。
大抵の人が、親ではないでしょうか。

 

しかし、年齢や職業の関係で身内にお願いする事が難しい場合や大家さんが保証会社を立てることを条件としている場合は注意が必要です。

 

 

身内や友人に依頼が難しい場合、保証会社を利用する方法しかありません。
この保証会社のほとんどは、信用情報機関をチェックしています!

 

この時点で、ブラックリストに載っていることが明確になってしまいます。
保証会社を利用する際、必ず審査に落ちてしまうという事ではありませんが、入居審査に通るハードルは上がります。

 

 

クレジットカード払いの賃貸は注意

ほとんどの賃貸は、家賃支払いは振り込みか引き落としです。
しかし最近は、クレジットカード払いの物件も増えてきています。

 

なぜなら、クレジットカードが作れる=信用が持てると判断がしやすいからです。

 

クレジットカード会社が特定されている賃貸(家賃代行サービス)は、クレジットカードを新たに作成しなければいけませんので、ブラックリストに載っている場合は新規に作成自体が難しいと言えます。

 

 

不動産会社の人に相談してみましょう

都市部になればなるほど、最近ではクレジットカード払い・保証会社を立てる物件が増えています。
それだけ、家賃の滞納・支払い能力負荷になってしまう人が多いのでしょうか。

 

あなたがブラックリストに載っている場合は、事前に不動産会社の担当の人にその旨を話しブラックリストに載っていても賃貸可能な物件を探してもらうといいでしょう。
その際の、最低条件は今現在安定した収入があることです。

 

過去の、借金などでブラックリストに載ってしまったなどは賃貸契約の際はあまり気にせず借りれる物件を探せば審査には通ります。

 

もし、自分が今現在ブラックリストに載っているかの有無が知りたい場合は調べることが可能です。
専門家に依頼することで今の現状を知ることができ、万が一間違って登録をされている場合は消してもらう事も可能です。