今後の金利がなくなる任意整理

 

借金に困っている方に、一番のオススメは手続きも簡単で”内緒”で出来る「任意整理」です。

 

今回は、任意整理についてもっと詳しく

どんな手続き?
どれくらいの期間で手続き完了?
メリットデメリットは?
スケジュールは?
手順は?
用意するもの

など、お話ししていきます。

 

債務整理は弁護士が借金減額や免除の手続きを行うので、あなた自身の面倒な手続きは不要です。

 

任意整理とは?

原則として、将来利息のカット(元本のみの支払い)を行います。
あなたが普通に生活できる範囲内の金額で、3〜5年で支払うという『長期分割払いで月々の支払額の減額』を目指します。

 

将来の利息がカットされるので借金総額は大幅に減り、任意整理が認められると「催促の電話・手紙」は一切ストップします。

 

最大のメリットは、裁判所を通さない為、家族や会社にバレることがありません!!
任意整理開始以降は、全ての連絡は弁護士を介して行われる為債権者からの郵便物や連絡で家族や会社にバレるということもありません。

 

バレる可能性があるとすれば、弁護士からの連絡です。
必ず家族や会社に内緒で行いたいという事を、弁護士の方に伝えておきましょう。

 

『匿名でOK』『借金について簡単にメールで無料相談』
匿名・無料で負担なく悩んでいる借金について相談できる街角法律相談所。
匿名でOKなので、住んでいる都道府県を入力するだけであなたにあった弁護士事務所を全国から無料で紹介してもらえます。
借金解決のポイントは「一人で悩まない」ことです。

 

 

匿名OK・無料相談…≪無料借金減額シュミレーター≫

 

<<メリット>>
債権者からの「催促」が止まる
原則として「将来利息のカット」が行われますので借金の減額が可能
裁判所を介さない為、家族・会社に内緒で手続きが可能
財産を維持できる

 

 

<<デメリット>>
任意整理を行うと信用情報機関に自己情報として記載されますので5年程度は、ローンが組めなくなります。

 

 

手続き期間はどれくらい?

大体、3〜6か月です。
裁判所を介さないため、比較的スムーズに短期間で手続きは完了します。

 

 

スケジュールは?

任意整理をしようと決断すると、弁護士事務所から債権者へ受任通知が送られます。
『受任通知』が送付された時点で、あなたの返済は一時的にストップします。

 

その後、過去にさかのぼって

●年●月●日に借りた金額
いついくら返済したのか

この2点の明細履歴を参考にし、利息の引き直し計算を行い過払い金の有無など行います。

 

債務整理を委任することで、弁護士が取引履歴の開示請求まで全て行ってくれます。

 

 

※受任通知…弁護士事務所から債権者・金融機関へ「債務整理を行います」という通知をすることです。
受任通知を送付した後は、債権者・金融機関は一切取り立てや催促の通知をすることが法律的にできなくなります。

 

また、手続きが完了するまで一時的に支払いの請求もストップしますので、一時的に家計に負担が減ります。

 

 

そこから、和解交渉に入ります。

 

 

手順は?

和解交渉からは、すべて弁護士の方が行ってくれますので、あなた自身は特にすることがありません。
和解が成立するまでは、返済がストップしますのでその間に少しでも生計をたてなおしましょう。

 

自己破産や個人再生のように、裁判所などに出向くことがないのであなたはひたすら和解交渉の連絡が入るのを待つだけです。
ある程度の時間が経っても連絡がなければ、弁護士の方に一度今の状況確認を連絡してみると、安心できると思います。

 

 

準備するものは?

身分証明書
借金の残高が分かるもの
クレジットカード・消費者金融のカード  
取引履歴が分かる預貯金通帳  
住民票
源泉徴収 収入が分かるもので大丈夫です
印鑑

 

 

如何でしたでしょうか。

 

 

【短期間】で【誰にもバレずに】借金の整理ができ、家計を立て直すことが出来る任意整理は、債務整理の中で一番利用されているのが納得できます。

 

 

借金が膨大になってしまっては、任意整理では整理出来なくなりますので【毎月借金の返済に悩んでいる方】は早めに一度無料相談をしてみるといいでしょう。

 

借金返済は一刻も早く専門家にアドバイスをもらうことが解決の第一歩と言われています。

知り合いに弁護士がいないという方は無料であなたの状況に合った弁護士を紹介してくれるツールを使うといいでしょう。