リボ払いが招いた借金地獄…解決方法は?

 

 

今やクレジットカードを持っていない人がいない位、普及したカードになっています。
クレジットカードは手元にお金が無くても、欲しいものが買える便利なアイテムでまたポイントも溜まる為利用している人が多いと思います。

 

しかし、クレジットカードには落とし穴があることを忘れてはいけません。
その落とし穴に陥りやすいのが「支払方法」です。

 

クレジットカードには「分割払い」「一括払い」「リボ払い」と3種類支払方法があります。

 

今月支払ったものを来月一括で支払える人は大体「一括払い」を希望しますが、一括では支払う余裕がない場合は「分割払い」や「リボ払い」を利用する人がほとんどです。

 

分割払いは「●回払いにしよう!」と意識をして分割支払いにする人が殆どですので収支は頭の中に入っていると思います。
「あと●回残っているな」とゴールが明確ですので返済の目処が付きやすいというメリットがあります。

 

もっとも借金地獄におちいりやすいのは「リボ払い」です。
ここでは、リボ払いの落とし穴と、なかなか借金が完済できない人への対処方法についてご紹介していきます。

 

 

リボ払いの落とし穴とは?

≪リボ払い≫

支払い回数を指定するのではなく、毎月の支払額を一定の金額に設定する支払い方法になります。

 

リボ払いの支払い設定を1万円にしていた場合、今月使った金額が6万円だったとしても翌月に支払う金額は1万円です。
毎月のお財布はリボ払いによってとても助かりますが、残りの5万円は残ったままです。

 

毎月設定した金額(ここでは1万円)しか引き落としをされないので、なんだかもっと使える気持ちになってしまうのがリボ払いの恐ろしいところです。
要するに金銭感覚が麻痺してしまい、気が付いたらクレジットカード満額まで借金が溜まってしまっていたということも少なくありません。

 

また借金地獄に陥る要因として『何回で支払いが終了』という明確なゴールがないため「いつまで支払ったら終わりか?」という事が分かりにくく、なんとなーく支払いが残っているという感覚になりますので『借金をしているから返さなきゃ!』という気持ちがだんだん薄れてしまうのです。

 

 

 

 

 

リボ払いが借金地獄に陥りやすい理由

リボ払いには必ず「手数料」として利息が取られます。

 

●利息●

一般的にリボ払いの金利(利息)は高い方です。
実質年利約15%前後の会社がほとんどですので、リボ払いが続けば品物を15%アップで買っているのと同じ状況です。

 

借金というのは、使った元本が減らなければ完済はありません。
リボ払いによって、毎月支払っている額のほとんどが利息で元本が全く減っていないという人が殆どなのです。

 

要するに、利息ばかり払って毎月使っている金額が雪だるま式にどんどん積み重なり1年や2年経っても、ほぼ借金残高が減っていないというケースが多いのです。
毎月の支払額を一定にすることで、生活は楽になりますが「私は借金がある」という事を決して忘れてはいけません。

 

 

借金元本を減らす方法

 

元本をコンスタントに減らしていくことが、借金地獄から解放されるには必要なことです。
元本を減らす方法として…

 

 

「支払額を上げる」

生活の中で節約をし、なるべく返済にあてることです。
借金が今の状態まで増えてしまったのは、収入<収支という状況だからです。そこを見直す必要があります。

 

少しの間生活は厳しいかもしれませんが、元本を着実に減らしていくことで後々借金苦から解放され必ず楽になります。

 

 

 

「収入を増やす」

節約はちょっとしたくないな…という方は、今の収入を増やすしか方法はありません。
ダブルワークは体力的にキツイですが、別で収入が入ってくることでその分支払いにあてると節約をする必要なく借金元本が減っていきます。

 

会社的に副業禁止(副業が分かり次第解雇)という職場もありますので、必ず確認をしてから行うようにしましょう。

 

 

 

「債務整理をする」

支払額満額まで使ってしまい、毎月の支払いが自転車操業でどうにもならないという人は債務整理を視野にいれるといいでしょう。
債務整理とは、専門家(弁護士)の力を借りて法的にあなたの生活が借金で押しつぶされないように手続きをすることです。

 

債務整理には何種類か手続き方法はありますが、原則としてあなたの今の生活を圧迫している利息を一切カットする【任意整理】が一番利用されています。
任意整理は、裁判所を通さない手続きになりますので会社や家族に内緒で借金整理が可能という点も利用している人が多い手続きになります。

 

是非あなたができる方法で、今ある借金をある程度まで減らし借金苦から1日も早く解放されてくださいね!