給料もギリギリで毎月の税金が払えず滞納をしている…と悩んでいる方は意外と多いものです。

しかし…

税金は義務ですので、「払わない」「滞納から逃れる」という事は難しいのが現実です。

 

とはいえ…

払いたくても払うお金がない!!

という方は、どうしたらいいのか。

 

放置をすると…「差押え」という最悪の事態しか待っていません。

放置や無視をすることなく、必ず対処することがオススメです。

 

ここでは、それぞれの税金についての対処法をご紹介していきます。
対応方法は税金によって異なってきますので、一つ一つ見ていきましょう。

 

 

 

まず大前提に
すべての税金にいえることは

 

「放置が一番危険!!」

 

という事です。

 

放置をしていると「延滞金」が日に日に加算され、ただでさえ支払いが困難なのにさらに上乗せされてしまいます。
あなたの放置で、膨れ上がった延滞金は支払い義務があります。

 

デメリットしかないので、必ず何らかの手続きはしましょう。

 

放置をしても国の税金は逃げる事は出来ません。

 

 

 

 


保険料
まず、すべての税金は放置が一番危険です!!
国の義務ですので、逃げるということは難しい問題。
どちらも払わなければ、延滞金だけがかさみ精神的ストレスも想像を超える負担になります。

弁護士に無料相談する前に…あなたの借金 どれだけ減額可能だと思いますか?

◆国民年金保険

義務である税金を滞納するとどうなるか…
「借金がいくら減るか」
「匿名」「無料」で行える為オススメです。
▼5つの質問に答えるだけで
延滞金がどんどん加算され、支払うまであなたの義務となって上乗せされてきます。
◆任意整理
放置すればするほど負担は大きくなりますので、早めの処置・早めの支払いがベストと言えます。

◆国民健康保険

が分かるため、解決の糸口になるはずです。
国の税金を滞納すると、滞納期間によって延滞税は異なり未納の期間が続くとより延滞金が多くかかってきてしまいます。
※裁判所を通す為内緒での手続きは不可
では、どうしたらいいのか…それぞれの税金によって対処法が変わってきますので一つずつ見ていきましょう。
所得が一定以上ですと、借金の支払い苦でも免除になる可能性はとても低くなります。
「所得が一定金額以下になった」「解雇された」「災害や病気」の場合減額されます。
所得が少なく支払えない場合「国民年金保険料免除・納付猶予制度」があり、「支払いの免除が可能」になります。
弁護士があなたに代わって「将来の利息カット」の手続きを行います。

あなたの借金どれだけ減額可能?

「匿名」「無料」で行える借金減額シュミレーターをやってみるといいでしょう。
※裁判所を通さない為、家族や会社に内緒で行うことが可能
【こんな記事も読まれています】
税金が払えないという問題を抱えている人は思っているよりも多いのが現実です。

税金を払わないとどうなるの?

申請方法は、区役所の国民年金担当窓口に申請書を提出・郵送することでできますので、一度問い合わせてみましょう。

◆住民税

※2社以上・総額が100万円以上の方はこちらの「匿名OK/無料相談」によって借金の減額が期待できます。
国の義務になっている納税を放っておくと…
両方抱えている方は「延滞金かかる」「催促の電話が来る」どっちから払えばいいの?と頭がいっぱいになっていませんか?
免除額には、「全額」「4分の3」「半額」「4分の1」の4種類があります。
どうしても払えないという場合は、未納のまま無視をするのではなく必ず手続きをすることがオススメ
どちらも、対応せず無視をしていると差し押さえになりかねません。
万が一、病気になった場合この国民健康保険にきちんと入っていないと大変なことになります。
<<街角法律相談所>>
借金をまず見直すことがオススメです。
今は、弁護士や司法書士への相談は無料が多いですが相談する前に、債務整理を行うことであなたの借金がいくら減額されるか知りたい方は…
今の生活を第一に考えて相談にのってくれますので、一度相談に行ってみましょう。
あまり知られていませんが、相談は無料の事務所も多くなっています。
メリットはゼロですので、必ず手続きをしましょう。
◆期限翌日から2ヶ月経過した日以後…年14.6%
◆自己破産
”債務整理とは、重く圧し掛かっている債務を法的に見直し負担のない額まで減額する手続きになります”

◆個人再生

今のあなたの借金総額・税金の滞納額・ローン・所得など確認した後、弁護士や司法書士のプロにどのような方法がいいのか相談してみましょう。

※匿名OK・無料相談… 無料シュミレーター

東京ミネルヴァ法律事務所

 

90%の人が「やってよかった」と言っている無料の減額診断です。

今なら無料なので、まずは試してみてください。

\カンタン・無料、1分で診断!/

無料で減額診断する

見直されたりもしますので、詳細は国税庁のHPなどでも確認できます。 国民保険窓口に相談に行ってみましょう。
税金を除く全ての債務の支払いが免除
原則として債務を5分の1程度に減額
◆借金
「行政処分を受ける」ことになりますので、要注意です。
住民税の免除は、とても困難です。
支払い免除になった期間は、将来貰える年金額には反映されませんので、年金額を増やしたい方は保険料が払えるようになった時、後から納める(追納)が必要になってきます。
債務整理を行うことで、あなたの借金がいくら減額されるか知ることが出来る無料診断シュミレーター
その際、所得が証明される源泉徴収・印鑑・納付書を持っていくと手続きが早く進みます。

借金返済が理由で支払えない方はこちら

税金の免除は可能ですが、基準が所得額です。
「いくら戻ってくるか」
※ある程度の財産は手元に残すことが出来ますが、約20万以上の財産は手放すことになります。
◆期限翌日から2ヶ月まで…年7.3%
住民税に関しては、分納が可能です。

払わないとどうなる?

税金は払わないと必ず滞納金がかかります。
そして、払わない期間が伸びれは伸びる程、加算される延滞金の率は高くなり負担が大きくなります。

 

◆支払い期限 翌日から2か月まで…年7.3%
◆支払い期限 翌日から2か月経過後…年14.6%

 

 

この率については、見直しがされますので国税庁のHPを確認すると詳細がわかります。
払えないと分かった時点で、早めの対応をすることがあなたの為でもあります。

 

 

国の義務の税金
放置をすると「行政処分」を受けることもありますので要注意です。

 

しかし、支払えない人のために対処法も用意されています。

 

税金別に対処法を見てみましょう。

 

 

国民年金保険 

 

国民年金は、所得が少なく支払いが困難な場合
「免除・納付猶予制度」があります。

 

手続きを行うことで「支払免除」が可能になります。
しかし、免除をすると将来あなたへの年金支給額は全額払っている人よりも少なくなります。

 

支払免除となった期間は、将来貰える年金支給額には反映されませんので、将来の年金額を増やしたい方はお金に余裕ができ支払いが可能になったら後で支払う(追納)が可能です。

 

〜免除は4種類〜
【全額】
【4分の3】
【半額】
【4分の1】
この種類は、前年度の年収によって異なってきます。

 

どうしても支払いが困難な方は、年金手帳を持ってお近くの区役所に一度相談に行ってみましょう。
その場ですぐに、手続きが可能です。

 

 

 

 

国民健康保険 

 

万が一、病気やケガをした場合こちらの保険に入っていないと、あなたの医療費は全額負担になり大変なことになります。
「解雇された」「災害」「所得が一定額減額された」など、やむを得ない事情の場合、減額が可能になります。

 

国民保険の窓口に、一度相談に行ってみましょう。
その際『印鑑』『手元にある納付書』『所得証明』ができる源泉徴収など持っていくと手続きがスムーズです。

 

 

住民税 

 

住民税の免除手続きは、困難です。
しかし、分納の相談には乗ってくれますので生活を第一に考えて今の状況を話し、一度相談に行ってみるといいでしょう。

 

『匿名でOK』『借金について簡単にメールで無料相談』

匿名・無料で負担なく悩んでいる借金について相談できる街角法律相談所。匿名でOKなので、住んでいる都道府県を入力するだけであなたにあった弁護士事務所を全国から無料で紹介してもらえます。

借金解決のポイントは「一人で悩まない」ことです。

 

※匿名OK・無料相談… 無料シュミレーター

東京ミネルヴァ法律事務所

 

90%の人が「やってよかった」と言っている無料の減額診断です。

今なら無料なので、まずは試してみてください。

\カンタン・無料、1分で診断!/

無料で減額診断する

 

どういう理由で収支に困っているかを把握

各税金には、免除手続きや分割払いの手続きが可能ですがこの手続きはあくまでも『収入が少なかった』人のための処置方法です。

免除申請や分割払い申請には、前年度の収入が基準になってきますので前年度収入が一定額ある人は中々この手続きを通す事が不可能になります。

 

税金にまでお金が回らない…
という人は、どういう理由で困っているかを一度整理してみましょう。

 

借金返済でお金がない…

 

毎月の支払が「借金」「税金」と2つ重荷となってのしかかっている方は、両方延滞金がかかるためどっちを返済していいか分からなくなっていませんか?

 

 

払わないと延滞金が増え、より払わなければいけない金額は増えてしまう…
払わないでいると「差押え」「行政処分」と、どっちもデメリットが大きなものです。

 

 

【所得が少なくて税金が払えない場合】
区役所に相談し、免除手続きを行うことで少しは負担は減ります。

 

しかし…
【収入がある程度ある場合】
借金が理由で、税金の支払いにまでお金が回らない方は、なかなか免除手続きが通りません。

 

なぜなら…
前年度の所得が基準になりますので所得が一定額以上ですと、いくら生活が厳しくても免除になる可能性は極めて低くなります。

 

借金がありその返済で生活が苦しい方は、借金をまず見直すことがオススメです。

 

 

借金を見直すとは?

”借金は見直すことが出来ます”

 

借金が増えすぎて、今のあなたの生活の上で『借金が』大きな重荷となり
「いつもお金のことで頭がいっぱい」
「どうやって返していいか分からない」
「返さないと電話来たら怖いし」
などという不安を抱えながら生活していませんか?

 

 

借金を見直す手続きに「債務整理」というものがあります。
あなたの生活を圧迫している借金は、法的処置で『減額』や『免除』などの手続きが可能です。

 

<債務整理とは>

 

重く圧し掛かっている借金を、法的に見直しあなたの生活に負担のない額まで債務を減額する手続きになります。

 

 

債務整理には下記の3種類手続き方法が準備されています。

 

任意整理
あなたに代わって弁護士や司法書士の方が「将来利息のカット」の手続きを行います。
将来の利息がカットされますので、トータル的な借金が減ります。
※裁判所を通さない為、家族や会社に内緒で手続きが可能ですので一番利用されています。

 

参照:任意整理について詳しく

 

 

個人再生
原則として債務を5分の1に減額
※裁判所を通しますので、内緒での手続きは困難です

 

参照:個人再生について詳しく

 

 

自己破産
税金を除く全ての債務の支払いが免除
※ある程度の財産は残すことが出来ますが、約20万円を超えるものについては手放す可能性があります。

 

参照:自己破産について詳しく

 

今のあなたの所得・借金総額・ローンなどによっても手続き出来る方法は異なってきます。

 

 

このように、借金で税金が払えなく困っている方はまず「借金」を見直してみましょう。

 

1人で悩んでも解決方法は見つからず、取り返しのつかない金額にまでなってしまう可能性があります!
専門家の手を借りれば法的に、借金からあなたを守ってくれる方法はあります。

 

 

 

いきなり弁護士事務所に行くのは「足が重い」「行きにくい」という方が多いものです。
今まで身近にない弁護士事務所ですから、どこを選んだらいいか分からないはずです。

 

時間を使って弁護士を探しても
「相談に親身になってくれない・・・」
というケースが多い様です。

 

”借金問題を解決するには親身になってくれる弁護士さんとタッグを組む事です”

 

弁護士事務所探しに困っている方に一番利用されているのは「街角法律相談所の無料診断シュミレーター」です。
あなたの借金が現状いくら残っているのか等を入力することで、あなたの状況に一番適した弁護士事務所を無料で紹介してくれるというツールです。

 

匿名・フリーメールOKという点からも、デメリットもなく一番利用されています。

 

無料相談が可能な弁護士事務所の紹介ですので
「今の不安」
「これからの対策」
「催促・督促の精神的ストレス」
「債務整理した方の過去の事例」
など何でも相談してみるといいでしょう。

 

『街角法律相談所無料シュミレーター』

 

<メリット>

無料・匿名で借金の相談が可能

誰にも知られる事なく借金の減額が分かる

あなたの状況にあった法律事務所が見つかる

 

無料でシミュレーションするならコチラから↓どうぞ

※匿名OK・無料相談… 無料シュミレーター

東京ミネルヴァ法律事務所

 

90%の人が「やってよかった」と言っている無料の減額診断です。

今なら無料なので、まずは試してみてください。

\カンタン・無料、1分で診断!/

無料で減額診断する

 

 

 

【関連記事】
借金の時効について|何年で時効?借金の時効ってなに?デメリットは?